ハロウィーン(Halloween)の起源は…




ここ数年、日本でも急激に盛り上がりを見せているハロウィーン(Halloween)ですが、周りへの迷惑など全く眼中になく、このお祭りを便乗利用する形で自分勝手でわがままな欲求を満たそうとする輩が多数登場しており、多くの人が強い不快感を抱いていると思います…

ひょっとしたら、「若い時には無茶もしないと!」といった風にポジティブな捉え方をしているのかもしれませんが、無茶を飛び越えて擁護の余地もない無謀と言える行動…

「無理」と「無茶」と「無謀」
勇気を持って前に進む姿勢は大切だが、前に進むだけが勇気ではない。「当たって砕けろ」精神だけでは何も得られず本当に身体がつぶれるだけ… とはいえ、究極的な状況ではやらなければ後悔する場合もあり、幅広い視野での無理・無茶の判断力が大切。なお、無

私なりの判断基準としては…
会社の面接で話せないと感じるようなことはするべきではないと思います…

前置きが長くなりましたが…
ハロウィーン(Halloween)は毎年10月31日に開催されるヨーロッパ発祥のお祭り。元々は、秋の収穫をお祝いするとともに、悪霊などを追い出す意味合いも込められた宗教的行事。今では宗教的な意味合いはほとんどなくなり、欧米でも民間行事として定着しているようです。

ハロウィーン(Halloween)と聞いて思い浮かべる1つはカボチャかと思いますが…
ハロウィーン Halloween

Jack-o’-Lantern
(ジャック・オー・ランタン)
善霊を引き寄せて悪霊を遠ざける効果があると言われ、元々はカブをくり抜いていたようですが、アメリカでカボチャを利用する形に変化していったようです。

なお、ある悪賢い遊び人が悪魔を言葉巧みに騙し、死後も地獄に落ちることはないという契約を結ぶことに成功しましたが、実際に死を迎えた後、生前の悪行から天国へ行くことを拒否され、悪魔との契約があるために地獄に行くことも許されず、行き場を失ってこの世を彷徨い続けている姿ジャック・オー・ランタンとも言われています。

ハロウィーン(Halloween)と聞いて思い浮かべるもう1つは仮装かと思いますが…
ハロウィーン Halloween

魔女やお化けなどに仮装した子供達が近所の家々を訪れてお菓子などをもらったりする風習があり、そのもらったお菓子を持ち寄ってパーティーを開いたりするようです。

非日常を感じさせるものは明日への活力にもつながるポジティブな刺激を与えてくれますが、周りにもポジティブ感を与えるように、少なくともネガティブ感を与えることのないように、日本でのハロウィーン(Halloween)が皆に愛される形で発展していきますように…
ハロウィーン Halloween

#ハロウィーン #Halloween #仮装 #カボチャ #ジャック・オー・ランタン #Jack-o’-Lantern

タイトルとURLをコピーしました